生産者・ワイナリー紹介

PRODUCER&WINERY

アルフォンス・メロ

Alphonse Mellot

メーカーサイト: http://www.mellot.com/

アルフォンス・メロ

アルフォンス・メロのワイン造りの歴史は1513年の古文書に葡萄栽培とワイン造りを行っていたとの記載があり、1698年にセザール・メロはフランス王ルイ14世のワインアドバイザーに認定されるなど、既にこの地を代表するワインの造り手として知られている。アルフォンス・メロは19世紀の始めにはサンセールにオーベルジュ(宿泊施設付きのレストラン)を開設し、1881年には海外にワインを販売するライセンスを取得し世界に市場が広がった。その後、代々、父から息子にファミリービジネスは引き継がれると共にアルフォンス・メロの名前が世襲されることになる。現在は18代目と19代目が家業を守り育てている。

ラ・ムシエールは伝統あるアルフォンス・メロ家の礎石とも言うべき34haの葡萄畑でアルフォンス・メロを代表するサンセールの赤・白・ロゼを生み出し、この葡萄を使いスペシャル・キュヴェの「ジェネレーション19」や「エドモン」を生産している。サンセールの南から南西向きので、キメリジャン(石灰粘土質)の上部をサン・ドゥルシャールと呼ばれる泥灰層が覆う地質はアルフォンス・メロの財産ともいえる土地で葡萄に豊かさと個性を与える。

アルフォンス・メロの評価は高く、ベタンヌ&デゥソーヴやルヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランスでの高評価以上に世界各国の有名レストランのワインメニューに掲載されるサンセールとして知られている。