生産者・ワイナリー紹介

PRODUCER&WINERY

ドメーヌ パスカル・エ・ニコラ・ルヴェルディ

Domaine Pascal et Nicolas Reverdy

ルヴェルディ家

「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス」にも、サンセールの次代を担う造り手と評価されるルヴェルディ家。 代々葡萄栽培農家であったルヴェルディ家。現在ルヴェルディ家のマンブレイ村周囲の斜面にある畑は、現在14haあり40以上の区画に細分化している。
樹齢15年から70年に及ぶ自社畑の土壌は、キメリジャン土壌の石灰粘土質、驚くほどの貝殻の化石(ジュラ紀)が転がる。

ドメーヌは兄パスカルと弟ニコラが中心になって運営していたが、2007年末に弟のニコラが事故で亡くなった後、パスカルの妻ナタリーと故ニコラ夫人のソフィーが力を合わせてドメーヌを引き継いでいる。

白ワイン用のソーヴィニヨン・ブラン(10ha) 赤とロゼ用のピノ・ノワール(4ha)は、農薬を多用しない農法で育てられる。全て手で収穫後、葡萄はセラーで厳密に選果されステンレスタンク内で天然酵母を用い発酵(一部キュヴェは木樽発酵)。タンク内で6ヶ月から8ヶ月間熟成後、冷却濾過やフィルターを掛けずにボトリングを行う。

サンセール テール・ドゥ・マンブレイ

石灰質土壌(シャブリと同じキメリジャン土壌)の個性を掬い上げたようなミネラル感に果実味と心地よい酸味が絡み合う個性あるサンセール。