商品紹介

products

甲州 i-vines vineyard 2021

Koshu i-vines vineyard 2021

ミネラル感があり、酸味との調和がとれていて、果実味の余韻とともに、熟した八朔(ハッサク)のような和柑橘の心地よい苦みを感じることができる。

生産者:シャトー酒折ワイナリーの情報はこちら

味わいコメント

色調は僅かにオレンジがかったイエローで甲州としては濃い色調である。始めは熟した和柑橘のような甘い香りを感じるが、時間経過で空気と触れると、白い花や桃のコンポートのような甘い香りが感じられる。口に含むと熟した果実のボリューム感と溌溂とした酸味があり、アフターに酸味とほろ苦さが長い余韻となって続き、八朔のような爽やかな印象である。ボリューム感があるので天ぷらなどの油を使用した料理や焼き鳥などの白身の肉料理と相性が良い。またアヒージョやオイル系のパスタとも合わせやすい。

ミネラル感があり、酸味との調和がとれていて、果実味の余韻とともに、熟した八朔(ハッサク)のような和柑橘の心地よい苦みを感じることができる。

生産者:シャトー酒折ワイナリーの情報はこちら

味わいコメント

色調は僅かにオレンジがかったイエローで甲州としては濃い色調である。始めは熟した和柑橘のような甘い香りを感じるが、時間経過で空気と触れると、白い花や桃のコンポートのような甘い香りが感じられる。口に含むと熟した果実のボリューム感と溌溂とした酸味があり、アフターに酸味とほろ苦さが長い余韻となって続き、八朔のような爽やかな印象である。ボリューム感があるので天ぷらなどの油を使用した料理や焼き鳥などの白身の肉料理と相性が良い。またアヒージョやオイル系のパスタとも合わせやすい。

商品コード 72020621
生産年 2021
容量(ml) 750
種類 スティルワイン
JANコード 4995815122336
定価 1,700円(税抜)
生産者 シャトー酒折ワイナリー
原産国 日本
生産地方 山梨
原産地呼称 GI:山梨
入り数(ケース) 12
アルコール分 12.0%
ブドウ品種 甲州100%
栓種別 コルク
栽培・収穫方法 i-vinesによる栽培
“i-vines”とは
醸造用葡萄栽培技術の確立を目指し研究する”Team Kisvin”に2010年誕生した農業生産法人のこと。独自の栽培理論に基づき、高品質の葡萄を栽培している池川仁氏が代表を務め、醸造用葡萄を専門に栽培することで、ワイン産地としての山梨の将来を基盤から支えるべく、若手の育成も兼ねて現在栽培面積を拡張している。
年間生産本数 3,988本
受賞歴 ジャパン・ワイン・チャレンジ2021 金賞受賞(2019年ヴィンテージ)
醸造・熟成工程 搾汁は例年通り、果汁はフリーラン(約50%)とプレスラン(約27%)に分け(全体搾汁率は約76%)、それぞれ渋みのコントロールを行うため、プレスの果汁には甲州ドライよりやや多めにPVPPを添加し、澱引き後に果汁のブレンドを行った。尚、ワインの色調がややオレンジがかっているが、醸しは行っていない。そして、果汁にはクリーンで上品なアロマを与える酵母(VL-1)を使用し、約15℃の低温下で発酵を行い、20日間で終了した。そして11月下旬に一度澱引きを行い、12月下旬に2度目の澱引きを行い、冷却安定を行った。そして、翌年1月には濾過を行った後、直ちにボトリングを行った。